増大サプリはどれがいい?買うときに確認したい3つのポイント

増大サプリはどれがいい?買うときに確認したい3つのポイント

『増大サプリを買おう!』と決意しても、調べている間にどの増大サプリがいいのか迷うことがあると思います。
増大サプリ大好き管理人が長年の経験で得た知識をもとに、増大サプリを選ぶときに確認しておくべき3つのポイントを紹介します。

『○○にしようと思ってたけど、□□もいいっぽいなぁ・・・どっちにしよう・・・』
そんなときに参考にしてみてください。

ポイント1:成分の量と数を確認しよう

1つ目のポイントは成分の量と数です。
今は多くの増大サプリが販売されていますが、それぞれ配合している成分の量や数が違います。
成分の量と数によって増大サプリのスペックが決まるのでまずはここを確認しましょう。

成分の量と数のバランスが大事

ここで難しいのが『成分の量が少ないから劣っている』『成分の数が多いから優れている』というわけではないところ。

基本的に成分の数の上限はありません。
数ミリグラムだけでも成分を入れていたら記載しなければいけないからです。
逆を言えば数ミリグラムだけ入れまくれば成分をどんどん増やすことができます。

一方で、成分の量には上限があります。
増大サプリの多くはカプセルやタブレットです。
サイズによって多少増減しますが、入れられる成分の量の上限は決まっています。

カプセルサイズと内容量の参考例
カプセルのサイズ内容量
00号400~1750mg
0号330~800mg
1号230~650mg
2号200~550mg
3号120~400mg
4号100~250mg
5号70~120mg

これらのことから・・・
成分の数が多ければ1つ1つの成分量は減ってしまいます。

逆に成分の量が多ければ成分の数が減ってしまいます。

ということなので、基本的には成分の量や数はバランスが大事と言えます。

管理人の主観では成分の数は100種類程度までが量と数をバランス良く配合できる上限かなと思っています。

ポイント2:絶対厳守したい日本国内生産

2つ目のポイントはサプリメントの生産国です。
ネット通販では日本国内製造のものだけでなく、海外産の増大サプリも購入できます。
日本国内製造なのか、海外製造なのかで安全性や副作用の危険性の有無が決まります。

日本国内製造のものは基本的に安心できます

基本的に、日本国内で製造されているサプリメントであれば副作用の危険性は無いと考えて大丈夫です。
そもそもサプリメントに副作用が出るような成分を入れてはいけないと決まっているからです。

とはいえ、過剰に摂取したり医薬品と一緒に摂取したりすると副作用のような健康障害が現れるかもしれません。
万が一、健康障害に遭ってしまっても日本国内製造のサプリメントであれば原因がわかる可能性が高いです。

日本の法律でサプリメントに入れている成分は全部記載しないといけないルールになっているからです。
お医者さんに飲んだサプリメントを見せて入っている成分を確認してもらえば何が原因なのか大体判明します。

副作用が現れる可能性はかなり低く、万が一現れても原因がわかりやすい。
日本で作られている増大サプリはこの当たり前のことが出来ているので安全性は高いと言えます。

日本国内GMP認定工場と記載がある場合もあります。GMP認定工場は厳しい基準をクリアしている工場なので品質や衛生面でさらに安全性が高いです。

海外産のサプリメントは要注意!

一方で、海外で作られているサプリメントは注意が必要です。
理由は複数ありますが、ひとつは医薬品に使われる成分が入っている可能性があるからです。

国によって基準が違うのでサプリメントに使っていい成分も変わってきます。
海外では日本では医薬品にのみ使っていいとされている成分がサプリメントに使ってもいいとされていたります。
こういった成分が入ったサプリメントを摂取すると副作用が出る危険性は十分にあります。

海外のサプリメントが危険なもう一つの理由は、成分表に記載されていない成分が入っている可能性があるからです。
これはソースを見てもらう方が早いかもしれません。
日本経済新聞のある記事から引用して紹介します。

競泳男子の2016年リオデジャネイロ五輪代表、古賀淳也(30)が18年3月の抜き打ち検査でタンパク同化薬に分類される禁止薬物に陽性反応を示し、暫定的な資格停止処分となった。
古賀は100メートル背泳ぎで09年の世界選手権金メダルを獲得した日本のトップスイマー。
今夏のアジア大会(ジャカルタ)には50メートル背泳ぎの4連覇がかかっていたが、出場できなくなった。

古賀はもちろん意図的であることを否定。
インターネットで購入して新たに服用した海外製サプリメントに禁止薬物が混入していたと主張している。
検出された量は微量で競技力を上げる効果などなかっただろう。
10年以上も国際大会でクリーンに活躍してきたベテラン。彼の主張は嘘ではないと思う。

(中略)

古賀は服用するサプリメントを選ぶ際、含まれる成分を確認するのはもちろん、専門家の助言も受けていた。
だが、サプリメントは医薬品ではない。
海外製サプリメントには時々、成分表に表示されない物質が混入した汚染サプリメントが存在する。

過去に自分で使って問題なかった、他の選手も使っている、などの理由では安心できない。
ある工場である時期に生産された製品だけが汚染されていることもありえるのだ。
実際、一昨年の国体で違反に問われた自転車選手は、同じ米国製サプリメントを以前から服用していて陰性だったのに、新たに購入した同じサプリメントに禁止物質が含まれていた。

引用元:サプリメントの危険性 アスリートは肝に銘じて(日本経済新聞)

多くの人はアスリートではないと思うので、引用記事のようなドーピングうんぬんの心配は必要ないと思います。

しかし、成分表に記載されていない成分が入っているというのは一般人にとっても非常に危険なことです。
成分表に記載されていない成分によって健康障害が引き起こされたときに、すぐにそれが原因だとわからないからです。
症状から判断するか、サプリメントの成分を解析しなければなりません。
もちろん、解析には時間がかかります。

摂取する段階から危険性が潜んでおり、副作用が現れたあとも原因が分かりづらいのが海外製の増大サプリです。

これらのしっかりとした理由があるので、増大サプリを購入するときは日本で作られているのかどうかをしっかり確認しておきましょう。

ポイント3:返金保証や電話相談などのサービスがあれば嬉しい

3つ目のポイントは返金保証や電話相談などのサービスがあるかどうかです。

上記2つのポイントと比べると重要度は少し下がります。
2つの増大サプリを比較して、上記2つのポイントで大差が無かった場合にこの点を重視するのがいいかと思います。

返金保証や電話相談は安く買うチャンス!

増大サプリを買うときに、その商品の公式サイトを利用すると様々なサービスが受けられます。
割引だったり、無地梱包だったりも公式サイトならではのサービスですね。

その中でも返金保証電話相談(カスタマーセンター、カスタマーサポートと言ったりもします)があるかどうか確認してみましょう。

返金保証は多くの場合で初回購入者限定です。
商品によっては購入日から30日までといったものから期限が無いものまであります。

ぶっちゃけてしまうと、この返金保証はほとんど使えません。
手続きが煩わしかったり、すごく細かい規約が定められていてクリアできないことがほとんどです。
手続きをクリアしても手数料など引かれて期待してたほど返金額が高くないこともあります。

じゃあなんて確認しなければいけないのかって話になるんですが、ゴネ得ができる場合があるからです。

大体の場合、返金保証の申請は電話で行わなければなりません。
販売元へ電話をして返金保証をしたい旨を伝えると販売元は返金保証をさせないようにしてきます。

といった感じに。

本当に効果を感じて無くて返金保証を使いたいときにこれをされるとキレそうになるんですが、効果を感じている増大サプリの場合は違います。
かなり安く増大サプリを買えるチャンスになります。

返金保証を使うつもりは無いのに『返金してくれ』とお願いすると『もうちょっと継続してみませんか?』となるんです。

継続をお願いされてからこういう話にもっていくとほとんど安くしてくれます。
公式サイトでキャンペーン中とかだったら「オマケ付けてくれない?」とかも使えます。

こういう裏ワザが使えるので返金保証があるかどうかは結構大事だったりします。

実際に管理人はこの手法でいくつかの増大サプリを公式サイトよりかなり安めで購入した経験があります。
(あまり褒められた方法ではありませんが・・・笑)

電話相談も同じ手口が使えたりするのでおすすめです。

「もう増大は諦めます」
「別の増大サプリが気になってる」

こういうことを話すと継続分を割引いてくれることが多いです。

当たりの増大サプリだった場合、この方法は結構使えるので安く買う方法として覚えておくといいかもしれません。

ただし・・・乱用は厳禁でお願いします!
( 管理人が販売元から怒られる可能性があるので・・・笑)

まとめ

増大サプリを選ぶときに確認しておくべきポイントを3つご紹介しました。
どれにしようか迷ったときはこの3つを確認してみてください。

もちろん、今回紹介した3点すべてに優れている増大サプリはなかなかありません。
大体どこかひとつは劣っている点があるものです。
最後の最後はあなたがなにを重視するのか、というところが大事になってきます。
増大サプリのスペックを取るのか、安全性を取るのか、サービスを取るのか。

ただ、この3つのどれかの要素を重視していれば失敗する確率は低いと思います。
例え失敗したとしても、どれか1つを重視して選んでいれば次は別の要素を重視して選ぶ判断ができます。

この記事が増大サプリ選びの参考になれば幸いです。

増大サプリの本当の1位を知る!

当サイト【増大サプリランキング総合】では、ネット上に多く存在する増大サプリのランキングサイトのランキングをまとめて紹介しています。

総合して平均順位を算出し本当の増大サプリのランキングを作りました。
増大サプリ選びの参考にしてみてください。