増大サプリの嘘あるあると見破り方

先日21日にツイッターの方で記事ネタを募集させてもらいました。

ありがたいことに早速DMにていくつかリクエストを頂きました。
DMくれた方、ありがとうございます。

いくつか頂いたんですがその中で個人的に面白そうだと思った企画が『増大サプリの嘘あるある』。

嘘ばかり、いや、嘘しかないと言ってもいいほど嘘が溢れている増大サプリ業界。
「これのあるあるを作るのは楽しそう!」
「【増大サプリ 嘘】というキーワードでの検索上位も狙いたい!」
ということで早速あるある作ってみました。

『確かによく見るわ~』
『あ、これも嘘だったの?』

面白くも気づきのある記事になったと思います。
最後までぜひ楽しんでいって下さい!

増大サプリの嘘あるある その1:即効性なんてありえないのに「即効性がある」と宣伝する

『即効性がある』
『最短2~3日で効果を実感!』

即効性があるというのは多くの増大サプリで見かける嘘ですね。
商品の公式サイト、アフィリエイトサイト問わず増大サプリに関するサイトどこにでも存在します。

サプリメントに即効性はないというのが常識です。

サプリメントって、効果があるのですか?

サプリメントは薬と同じような形状をしていますが、薬ではなく(健康補助)食品です。
そのため、すべての自覚症状に対して即効性があるわけではありません。
しかし、原因がわからない症状、たとえば慢性的な体調不良、疲労感、皮膚症状、神経精神症状やアレルギー症状などは、栄養素の不足や偏った栄養状態が原因となることがあります。

引用元:サプリメントについて よくあるご質問 <三番町ごきげんクリニック>

この嘘の面白いところは『即効性がある!』と言っているのに2,3箱買わせようとしているところですよね。
即効性があるなら1箱で十分な気がしますが…
嘘をついて自らその嘘を否定していることに気づいてなくて、管理人は『中の人、相当頭悪いんだろうなぁ』と思って見てます。

増大サプリの嘘あるある その2:日本でしか売ってないのに「海外で人気」って言う

『海外で人気の商品を日本人向けに改良!』

海外で人気というのもよくある嘘のひとつですね。
ペニブーストプレミアムのように実際にアメリカで販売実績のある商品もありますけど。
GNT-αは海外版グーグルで検索しても出てきません。

以下に引用して紹介します。

欧米での販売実績があるようなので、一応海外のグーグルページで販売実績を調べてみました。
ピックアップした国は日本を除いた先進主要国(G7)です。

アメリカ・・・なし
カナダ・・・なし
イギリス・・・なし
フランス・・・なし
ドイツ・・・なし
イタリア・・・なし
なんとなくわかっていましたが、やばり販売されていませんでした。
一応Amazonでは日本経由で買えるみたいですけどねー。これをカウントするのはちょっと無理があります。

引用元:GNT-α(ジーエヌティーアルファ)の副作用|精力剤被害サーチ

GNT-αの海外実績について調査しているサイトさんの記事を紹介しました。
GNT-αは『世界12ヶ国で愛用』と記載がありますが、どこの国かは記載がありません。
こういうケースはほぼ嘘でしょうね。

増大サプリの嘘あるある その3:フリー素材モデルを世界的権威のある医者にしがち

GNT-αやプライムモンスターで使われている嘘ですね。
それ以外のマイナーな増大サプリでも目にします。
外国人の医者の画像などに名前を与えて医者が開発に携わったように見せている手法です。
管理人の主観では商品に魅力がない増大サプリがやりがちな気がしています。

以下に引用して紹介します。

GNT-αの公式サイトで変更された点を調べてみたわ。
新しくGNT-αの開発に携わっていたとされて紹介されている2人の男性。 ジェフリー・マスターソン ベルノルト・アルトマイアー
この2人の男性、実在するけど実在しないわ。
ジェフリー・マスターソンの本名はPiotr Wysockiさん。
ベルノルト・アルトマイアーの本名はPeter Lewisさん。
どちらもお医者さんで癌の治療や研究に携わっておられるすごい方よ。
間違ってもGNT-αとかいうゴミクズサプリの開発には1ミリも関わっていないわ。
そもそも専門分野が違うもの

癌という病気に真剣に向き合って治療や研究をされている方々に勝手に変な名前を付けて、ペニス増大に詳しいとかいう肩書をつけて、GNT-αの開発に携わっているように見せる手口はヘドが出るほど気持ち悪いやり方だわ。
こんな嘘を平気でついてしまうGNT-α、サプリに関しても嘘をついているに決まっているわ。

引用元:GNT-αなどのペニス増大サプリの嘘にだまされない唯一の方法

GNT-αは海外の実在する医者のインタビュー動画から画像を抽出しているので手が込んでいます。
なかなか悪質ですね。
ついでにプライムモンスターの医者について調べている記事も紹介しておきます。

プライムモンスター開発最高責任者 ジョン・ラングホーン(John Langhorne)という人物。
白衣を纏い、首からは聴診器をぶらさげいかにも医者のような雰囲気だ。
そして手のひらにはプライムモンスター。
無知な人であればこの人物が実在し、プライムモンスターの開発に携わっていると思ってしまうだろう。

しかし、この人物はフリー素材サイトから引用したものだ。

参考サイト:Medical Doctor Holding Out Hand Video de stock (totalmente libre de regalias) 2094308 | Shutterstock

shutterstockという大手フリー素材サイトにある短い動画からキャプチャをして流用している。

これはつまりどういうことかというと、ジョン・ラングホーンという医者は実在しないということだ。
実在しない医者をでっち上げ、フリー素材の人物をあたかもジョン・ラングホーンであると見せかけているということだ。
プライムモンスターは医者が開発に携わっていると消費者に思わせようと嘘をついているということだ。

引用元:黒澤寿人なる人物と紹介している商品の危険性について | 増大サプリブラビオンS徹底比較

上記のように名前で調べてみると嘘を見破っているサイトさんが結構あります。
なので気になったら医者の名前でググってみるのがおすすめです。

それでも出てこなければ一応海外版のグーグルでも検索しておきましょう。
(アメリカ版のグーグル検索はhttps://www.google.com/?gl=usで可能です。)
それで出てこなかったら嘘と思っていいと思います。
逆に本当にいたらその増大サプリは信用できますね!

増大サプリの嘘あるある その4:雑誌やテレビショッピングの画像を並べてメディアに紹介された実績にする

『メディアで紹介されました!』
『取材殺到!』

こういうのはたいていの場合は嘘か広告出稿ですね。
公式サイトに海外の雑誌を並べていた場合は嘘です。
調べようがないから何でも言っちゃえって感じで言ってるだけですね。

逆に日本のテレビ・雑誌・新聞を載せていた場合はほぼ広告です。
これも『紹介された』というよりは『お金を払って紹介させてもらった』が正しい言い方なので嘘といえば嘘です。
完璧な嘘より一応紹介してもらった実績はある分まだましと言えばましですね。

増大サプリの嘘あるある その5:AV男優も愛用、プロスペックと言いつつ誰が愛用してるのかは非公開

『人気のAV男優も愛用中!』
『プロスペックの増大サプリ!』

これも嘘ですね。
もし本当ならそういった人たちの声を顔出しで載せたほうが絶対いいですから。
実際に沢井亮さんとかは広告塔としてとある増大サプリの公式サイトに顔出ししてますからね。
文字だけで男優さんの名前や顔を出していないのは『AV男優』『プロ』という言葉で惑わせてるだけです。

実際にAV男優の方が増大サプリの開発に携わっていたり、プロデュースしている商品もあるようですが、そういったものはまぁ本当かもしれません。

というかプロスペックとかもう意味わからないです。
ペニスのプロってなんですか?

まとめ

とりあえず今回は5個のあるある嘘をまとめてみました。
本当はもっと色々紹介したい嘘があるんですが、あるあるというよりある特定の増大サプリだけの嘘だったりするのでまたの機会にとっておきます。

増大サプリの本当の1位を知る!

当サイト【増大サプリランキング総合】では、ネット上に多く存在する増大サプリのランキングサイトのランキングをまとめて紹介しています。

総合して平均順位を算出し本当の増大サプリのランキングを作りました。
増大サプリ選びの参考にしてみてください。